カテゴリー別アーカイブ: 議員の学校

新講座・イベントのご案内

従来の方式の講座の開催は延期と決まりましたが、このような状況の中でこそ、「地方自治の基本」を学ぶ必要があると考え、オンライン(zoom)による「第40回 議員の学校〔導入編〕」を企画いたしました。
オンライン版第40回議員の学校
「地方自治を真ん中に 憲法の全条文を読む」 ◇導入編

 

2020年8月に開催を予定しておりました、
下記の講座について延期が決定しました。

議員の学校 「地方自治を真ん中に憲法の全条文を読む」

詳細につきましては、以下をご覧ください。

第40回議員の学校延期のご連絡

新型コロナウィルスに対する「緊急事態宣言」に関する声明

第40回議員の学校 オンライン版「地方自治を真ん中に 憲法の全条文を読む」 ◇導入編

 第40回 議員の学校『地方自治を真ん中に憲法の全条文を読む』を8月18、19、20日に茅野市で開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、従来の講座の開催が難しいと判断し、誠に残念ながら延期とさせていただきました。

しかし、今回の講座の開催要望が非常に高く、また、このような状況の中でこそ、「地方自治の基本」を学ぶ必要があると考え、オンライン(zoom)による「第40回 議員の学校〔導入編〕」を企画いたしました。

従来の講座が再開できるようになりましたら、あらためて〔完全版〕を開催したいと考えております。
今ならではのかたちとして、地方自治そして憲法を学ぶ有意義な講座にすべく研究所一同邁進する所存ですので、多数ご参加いただきますようよろしくお願いいたします。

■講師 池上 洋通氏(多摩住民自治研究所・元理事長、「議員の学校」学校長)

■2020年10月17日(土),18日(日)
【講義後に、オンラインでの質疑応答を行います】
※Zoom参加の事前操作練習等あり 「Zoom」(オンライン双方向ビデオ会議ツール)等を使用して開催。 講義DVDも販売いたします。

■講座参加費(税込) 講義視聴+質疑応答(Zoom)※見逃し配信あり
◇議員(市議会議員、都道府県議会議員):8,000円
◇議員(町村議員):5,000円
◇多摩研会員(議員以外)・市民:3,000円

◉講義をDVD、ダウンロード動画にて販売いたします ◇価格:3,000円(税込)
〈特典〉講義と一緒にお申込の方は1000円引きで販売

チラシダウンロード

申し込みフォーム

【延期】2020年8月 第40回議員の学校「地方自治を真ん中に憲法の全条文を読む」

開催延期

会場 長野県茅野市 市民活動センター ゆいわーく茅野

当日プログラム

詳細は、以下のリンク先のチラシをご覧ください。

お申込みは、以下のチラシをダウンロードの上、FAXまたはe-mailにて送信いただくか、下の「申込フォーム」より送信してください。

※チラシの中で、後援を頂いている長野県住民と自治研究所のご名称につきまして、
「長野住民と自治研究所」と記載されておりましたが、正しくは
「長野県住民と自治研究所」の誤りでした。
また、会場のゆいわーく茅野の住所につきまして、
「塚原二丁目2番地45号」と記載されておりましたが、正しくは
「塚原二丁目5番地45号」の誤りでした。
お詫びを申し上げますと共に、訂正版に更新させていただきました。

チラシダウンロード

申し込みフォーム

【中止】第40回  議員の学校 「地方自治体の教育現場が直面する 課題とその打開への道」

開催中止

自治体における教育の現場が、はげしく揺れ続けています。
学校教育では、小中学校の不登校生徒が14万4031人に達したと報告され(2017年度・文部科学省)、「いじめ」の事例が広がり、受験競争やそれに基づく「成果主義」が子どもを苦しめ、さらにそれに向き合う教師たちは長時間労働のなかで疲れ切って、親たちも家庭も追い込まれています。
社会教育では、公共施設民営化の波が自治体行政に押し寄せ、専門職員の非正規化も年ごとに増大して、公民館、図書館、博物館、文化ホールなど、そのいずれでも、専門的な水準が根本から問われる事態になっています。
こうなった原因は何か?事態を打開するために自治体がなすべきことは何か、基本から考え、経験的な事実をふまえて現実的な提案を行います。

第40回  議員の学校
「地方自治体の教育現場が直面する課題とその打開への道

日 程  2020年5月8 日(金)~9 日(土) 中止

このたび2020年5月8日・9日に開催を予定しておりました、「第40回議員の学校」につきまして、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を鑑み、中止をすることにいたしました。

お申込みいただきましたみなさまには、大変ご迷惑をおかけし、深くお詫びを申し上げます。

講座の内容につきましては、追ってインターネット等を活用して、みなさまの元にお届けする事を検討しております。この件につきましては、詳細が決まり次第ご案内をいたします。
何卒、ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

都立多摩図書館 セミナールーム
JR中央線、武蔵野線
西国分寺駅南口 徒歩7分

受講料 28,000円(表示価格はすべて消費税込)
当講座再受講の方26,000円/町村議員の方25,000円/多摩住民自治研究所会員23,000円/新規多摩研入会の方22,000円/被災地の岩手県・宮城県・福島県の方は10,000円

 

宿 泊  宿泊は、各自でお手配ください。

時 間 今回は開始時間が違います。ご注意ください。
1日目 10:30~17:00
2日目    9:15~16:00

 

詳細は、以下のリンク先のチラシをご覧ください。

お申込みは、以下のチラシをダウンロードの上、FAXまたはe-mailにて送信いただくか、下の「申込フォーム」より送信してください。

チラシダウンロード

申し込みフォーム

 

 

 

 


1日目 5月8日(金)10:30~12:20 講義1
「地方自治体の教育政策の基本とその現実的な展開
―いま、地方議会が見なければならないことは何か

講師:池上 洋通氏(いけがみ ひろみち)  (「議員の学校」学校長)


1日目 5月8日(金)13:20~15:40 講義2
「子どもの権利を中心に 学校と学童保育のあり方・関わり方を考える
講師:木田 保男氏(きだ やすお)  (前・全国学童保育連絡協議会会長)
   妹尾 浩也氏(せのお ひろや)(前・三多摩学童保育連絡協議会会長)


1日目 5月8日(金)15:55~17:00 実践報告


2日目 5月9日(土)9:15~11:35 講義3
「図書館の民営化は何をもたらすか
―具体的な事例を踏まえ、あるべき姿を考える
講師:
山口 洋氏(やまぐち ひろし)  (中央大学兼任講師


2日目 5月9日(土)12:35~14:25 講義4
「まちの学びを豊かにする
―学習権の保障と学校・教育機関が直面している課題
講師:
荒井 文昭氏(あらい ふみあき)  (東京都立大学教授


◆まとめ・全体にわたる質疑応答 14:40~16:00