カテゴリー別アーカイブ: 議員の学校

新講座・イベントのご案内

 大好評です―政党会派を超えて、だれもが参加できる議員の学校です。

第30回議員の学校
○日本国憲法施行70年-人口減少時代の地方自治のあり方を考える 持続できる自治体づくりとガバナンス ―先人の知恵・自然エネルギー・自立的発展・住民による統治

財政が苦手な人も大丈夫!大和田流の演習で、財政の基礎がわかります!

財政基礎講座「よくわかる市町村財政分析」【2017年10月・11月】のご案内

10月15日現在
申し込み受付中

第30回議員の学校-池上講師による特別講義
「総選挙結果と直面する地方自治の課題」
を追加開講!

 

第30回議員の学校       ○日本国憲法施行70年-人口減少時代の地方自治のあり方を考える 持続できる自治体づくりとガバナンス ―先人の知恵・自然エネルギー・自立的発展・住民による統治

大好評です―政党会派を超えて、だれもが参加できる議員の学校です。

  • 第一線に立つ研究者が、自治体の実際例をあげて分かりやすく講義します。
  • 東日本大震災・被災地からのナマの実践報告が、参加者の胸をうちます。
  • 率直に語り合う懇親交流会で、自治体をこえた結びつきが生まれます。

講義

講義1住民主体の地域づくり-「地元学」のすすめ—地域からのニッポン再生
講師: 結城 登美雄 氏(民俗研究家

講義2「2025年問題—5人に1人が75歳以上」と地域包括ケアの課題
―2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定を見すえて

石川 満氏(元日本福祉大学教授)

講義3 里山森林資源のエネルギー利用による
地域の自立的発展の可能性

和田 武氏(和歌山大学客員教授)

講義4 [地方制度調査会答申]
地方自治の民主的原則の破壊ではないか?
―自治体事務の広域化・窓口事務の委託化・行政組織の統制強化―
池上洋通氏(自治体問題研究所理事)

日 時 2017年10月31日(火)13:00~18:15、11月1日(水)9:15~17:00
会 場 都立多摩図書館セミナーホール JR 中央線西国分寺駅南口徒歩7 分
TEL:042-359-4020(東京-西国分寺 快速電車で46 分、中央特快で37 分*国分寺駅で乗換え)

受講料 28,000円 再受講26,000円/町村議員25,000円/多摩住民自治研究所会員23,000円/新規多摩研入会の方22,000円/被災県(岩手県・宮城県・福島県)の方は10,000円

定 員 100名(ご宿泊はご自身でお手配ください)

主催NPO法人多摩住民自治研究所
〒191-0016 日野市神明3-10-5エスプリ日野103
TEL042-586-7651Fax042-514-8096 E-mail tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp http://www.tamaken.org

申し込み用紙はこちら

第29回議員の学校 ○日本国憲法施行70年―基本的人権の保障のために 地域・住民生活の現実と直面する政策課題―いま、自治体と議会は何をなすべきか

大変ご好評につき、定員に到達いたしました。
これ以降はキャンセルが有り次第受付可能となります。

大好評です―政党会派を超えて、だれもが参加できる議員の学校です。

  • 第一線に立つ研究者が、自治体の実際例をあげて分かりやすく講義します。
  • 東日本大震災・被災地からのナマの実践報告が、参加者の胸をうちます。
  • 参加者と講師が一体になるシンポジウム―笑い声が会場にあふれます。
  • 率直に語り合う懇親交流会で、自治体をこえた結びつきが生まれます。

講義

講義1 地方再生とベーシックインカム—日本経済への代替政策を考える
本田浩邦氏(獨協大学教授

講義2 地域医療圏構想と医療・介護・国保の『改革』を問う
石川 満氏(元日本福祉大学教授)

講義3 空き家問題の現場から―「誰も責任を取らない仕組み」のツケをどう解決するか
中川寛子氏(株式会社 東京情報堂代表)

講義4 公共施設計画と地域政策の立て方―権利保障の原則に立つ自治体政策の方法
池上洋通氏(自治体問題研究所理事)

日 時 2017年8月8日(火)13:00~18:10、9日(水)9:15~17:00
会 場 たましんRISURUホールJR中央線立川駅南口徒歩13分
TEL:042-526-1311(東京-立川 快速電車で50分、中央特快で41分)

受講料 28,000円 再受講26,000円/町村議員25,000円/多摩住民自治研究所会員23,000円/新規多摩研入会の方22,000円/被災県(岩手県・宮城県・福島県)の方は10,000円

定 員 70名(ご宿泊はご自身でお手配ください)

主催NPO法人多摩住民自治研究所
〒191-0016 日野市神明3-10-5エスプリ日野103
TEL042-586-7651Fax042-514-8096 E-mail tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp http://www.tamaken.org

 

申し込み用紙はこちら

第28回議員の学校  憲法の国家・地方自治構想とその現実 ―激動する情勢をひらく道とは何か

 アメリカのトランプ政権が広げる波紋、イギリスのEU離脱とヨーロッパの新た なうねり、韓国における大統領の罷免、とまらない北朝鮮の暴走…。

 日本の国内では―。南スーダンへの自衛隊派遣ととつぜんの「撤収」、沖縄の日米 軍事政策に見る国と地方自治体の衝突、文科省天下り・「森友学園問題」に見る「官」 と「民」の癒着、東芝の経営破綻を生み出した「原発」開発、「築地・豊洲問題」「東 京五輪」をめぐる都政の暗闇、6年過ぎても確かな展望が描けない東日本被災地の 現場、「子どもの貧困」が広がる下での教育行政の大転換―。

 私たちの目の前で、地鳴りが聞こえるような状況が広がっています。 憲法を鏡として、いま起きている事態の本質を学び合い、地方自治の位置から展 望をひらくために、各分野の第一人者が率直に分かりやすく語ります。

◆講義1
トランプ政権のアメリカと世界そして日本
  ―政治、経済から軍事までを語る
講師:本田浩邦氏(獨協大学教授)

◆講義2
憲法が保障する教育権・学習権とは
  ―学校教育・社会教育の現実から考える
講師:荒井文昭氏(首都大学東京教授)

実践報告-東日本大震災の現場から~岩手・宮城・福島

◆講義3
憲法の地方自治原則とその現実的展開
  ―ゆがみはどこから現われたのか
講師:池上洋通氏
(「議員の学校」学校長、自治体問題研究所理事)

◆特別講義
沖縄・辺野古から問う日本の地方自治
  ―最高裁判所判決の論点を見る
講師:白藤博行氏(専修大学教授)

日 時 2017 年5 月9 日(火)午後1 時30 分~10 日(水)午後6 時

会 場 都立多摩図書館セミナールーム
会場が従来の場所とは違います。ご注意ください

JR 中央線・武蔵野線西国分寺駅徒歩7分
TEL:042-359-4020(東京-西国分寺 快速電車で46 分、中央特快で37 分*国分寺駅乗換え

受講料 28,000 円 再受講26,000 円/町村議員25,000 円/多摩住民自治研究所会員23,000
円/新規多摩研入会の方22,000 円*被災県(岩手県・宮城県・福島県)の方は10,000 円

定 員 140 名(ご宿泊はご自身で手配ください)

主催NPO法人多摩住民自治研究所
〒191-0016 日野市神明3-10-5エスプリ日野103
TEL042-586-7651Fax042-514-8096 E-mail tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp http://www.tamaken.org

申し込み用紙はこちら

こちらからもお申込みいただけます