新講座・イベント・研究会

 揺れ動く都政 近づく都議選―
都政を知り、変革の課題を考える連続講座
第一回都政を考える連続講座『東京都とは何か』

予約受付中

定員到達キャンセル待ち】第27回議員の学校
「2017年度予算と直面する政策課題」
―介護・保育・教育―

『緑の風』200号別冊
「国立市・景観訴訟シンポジウム第一集」
国立市の景観をめぐる数々の訴訟。その中で問われているのは「自分たちのまちを自分たちでつくる」ことの具体的な意味です。経緯を追いつつ、これらの訴訟の何が問題なのかを明らかになっています。私たちの生活にとって大きな岐路となるこの訴訟を共に学び、活かしていきましょう。

第一回都政を考える連続講座『東京都とは何か』

揺れ動く都政 近づく都議選―
都政を知り、変革の課題を考える連続講座

第1回  東京都とは何か
―近代史における東京都の歩みをたどり、都政の本質を学ぶ

1 明治憲法と東京都制

(1)府県は国家権力の出先機関だった―東京府の時代

(2)三多摩地域が神奈川県から移った本当の理由

(3)太平洋戦時下での「東京都制」の制定と崩壊

2 日本国憲法下の東京都政とその現実

(1)日本国憲法の地方自治と「東京都制の廃止」

(2)「シャウプ勧告」「神戸勧告」と市町村最優先・都道府県優先の原則

(3)しかし、機関委任事務(国のいいなり)体制は変わらなかった

(4)高度成長と公害都市・東京

(5)美濃部革新都政の登場と展開

(6)革新都政からの転換と変質

(7)「豊洲問題」が示したこと

講師 池上洋通
(自治体問題研究所理事
元NPO法人多摩住民自治研究所理事長)

◆日 時 2月25 日(土) 午後 1時 30 分~4時 30 分
◆会 場 都立多摩図書館 都立多摩図書館 セミナ ールーム1
   都立多摩図書館は西国分寺駅周辺に移転しました、ご注意ください。
◆参加費
一般市民 1,000 円(学生 500円)
町・村議 2,000 円
区・市議 3,000 円
※多摩研会員は、各 500円割引
◆定 員 80 名

主催 NPO法人・多摩住民自治研究所
〒191-0016 日野市神明3-10-5エスプリ日野103
TEL042-586-7651 Fax042-514-8096
E-Mail:tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp /

申し込みはこちらの用紙にご記入の上、メールまたはFAXでお願いいたします

こちらのメールフォームからでもお申込みいただけます。

連続講座
第2回 法体系と権力構造から見る都政の現実
3月11日(土) 午後1時30分~4時30分 日野市・生活保健センター

◎さらに「基本政策構造」「都区財調と三多摩格差」ほかのテーマで講座を予定

【終了】財政基礎講座「よくわかる市町村財政分析」【2017年1月】のご案内

zaisei-kiso-b財政危機。いまやどの自治体でも決り文句です。財政が分からずに残念な思いをしていませんか。実はどのまちにも改善すべき多くの財政課題があります。財政分析が苦手な人や忙しくて困っている人のために、二日間で財政分析の基礎が学べる集中講座を用意しました。

講師 大和田一紘 多摩住民自治研究所理事
石山 雄貴 東京農工大学大学院博士課程


日程
2017年1月16日(月)17日(火)

時間
1日目午後1時~午後7時30分、2日目午前9時15分~午後3時
(時間のある方は二日目終了後、午後4時まで質疑や演習が可能です。)

会 場
富士電機能力開発センター(℡ 042-585-6334、富士電機の宿泊研修施設です。)
*JR中央線・豊田駅北口徒歩5分。東京駅―豊田駅は中央特快46分、快速60分。

受講料 27,000円(消費税込。以下同様)
当講座の再受講者 25,000円 町村議員は24,000円、当研究所会員は22,000円

宿泊と朝食
希望者は同じ施設で宿泊できます。朝食付きで6,200円。

テキスト 『三訂版 習うより慣れろの市町村財政分析』(大和田一紘著 2,370円 自治体研究社) テキストは必ずお持ち下さい。
「テキスト事前購入」を希望の方は送料サービスで事前に送付します。

特 色 どんな資料をどこから入手し、どう読み込むか?財政指標の意味は?
今後の財政運営のあり方は?
財政改善の手立ては?すべての疑問に答えます。
質問や演習の時間も確保して丁寧に指導します。

*申込み方法:下記の申込書をFaxまたはメールでお申し込み下さい。
申し込まれた方には受講案内(会場地図・宿泊案内・持ち物案内等)をお送りします。

チラシPDF(表・裏)

申込用紙(Wordファイル、表面のみ)

【終了しました】【財政分析基礎講座受講者限定】財政分析ステップアップ講座のご案内1月

「よくわかる市町村財政分析講座」を修了された方に最適です。決算カードから作成した「分析用紙」の数字一覧からみえる自治体財政の姿を分析し、「平成26年度財政状況資料集」(10頁)の生かし方、交付税算定台帳の使い方や財政健全化法、行財政改革のあり方、手順と方法などをじっくりと学びます。

講師  大和田一紘 多摩住民自治研究所理事長
日 程  1 月27 日(金)~28 日(土)富士電機能力開発センター
(JR中央線・豊田駅北口徒歩5 分。
東京駅―豊田駅は中央特快46 分、快速60 分)
初日13 時~19 時30 分、二日目9 時00 分~15 時
テキスト  『三訂版 習うより慣れろの市町村財政分析』(大和田一紘著2,370 円)
参加費  27,000 円(消費税込み)
〈割引〉 当講座の再受講者25,000、町村議員は24,000 円、当研究所会員は22,000 円
宿 泊  希望者は、同じ施設内で宿泊できます。1 泊朝食付で6,200 円。
(ビジネスホテルのシングルルームなみの施設です)

※持ち物-基礎講座で使った資料、書き込み表、長期総合計画(財政見通しや財政運営の項目、財政フレーム)、決算カード(平成13~26年度)交付税算定台帳(平成25~28年度)、最新の決算統計〔表番号33〕、財政課・係が総務省に提出した平成26~27年度健全化判断比率の状況の「総括表①~④」、平成26年度財政状況資料集、大型の電卓、2色のマーカー、テキストなどをお持ち下さい。お申込みをいただいた方には詳細を改めて連絡します。

主催 NPO法人多摩住民自治研究所
〒191-0016日野市神明3-10-5エスプリ日野103
Tel:042-586-7651 Fax:042-514-8096
メール tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp

以下のリンク先のチラシ・申込用紙をダウンロードしてお申込みください。

チラシ(申込用紙含む)PDFダウンロード