財政基礎講座「よくわかる市町村財政分析」【4月/5月】のご案内

zaisei-kiso-b財政危機。いまやどの自治体でも決り文句です。財政が分からずに残念な思いをしていませんか。実はどのまちにも改善すべき多くの財政課題があります。財政分析が苦手な人や忙しくて困っている人のために、二日間で財政分析の基礎が学べる集中講座を用意しました。

講師 大和田一紘 多摩住民自治研究所理事
石山 雄貴 東京農工大学大学院博士課程

 


日程 第1回 2016年4月13日(水) 14日(木)
    第2回 2016年5月15日(日) 16日(月)
時間 
二回とも1日目午後1時~午後7時30分、2日目午前9時15分~午後3時
(時間のある方は二日目終了後、午後4時まで質疑や演習が可能です。)

会 場
 第1回(4/13,14) たましんRISURUホール(℡ 042-526-1311)
*JR中央線・立川駅南口徒歩13分。東京駅―立川駅は中央特快39分、快速56分。
 第2回(5/15,16) 富士電機能力開発センター(℡ 042-585-6334、富士電機の宿泊研修施設です。)
*JR中央線・豊田駅北口徒歩5分。東京駅―豊田駅は中央特快46分、快速60分。

受講料 27,000円(消費税込。以下同様)
当講座の再受講者 25,000円 町村議員は24,000円、当研究所会員は22,000円
宿泊と朝食
第1回(4/13,14)宿泊は各自ご自分でお手配ください
第2回(5/15,16)のみ  希望者は同じ施設で宿泊できます。朝食付きで6,200円。
テキスト 『三訂版 習うより慣れろの市町村財政分析』(大和田一紘著 2,370円 自治体研究社) テキストは必ずお持ち下さい。
「テキスト事前購入」を希望の方は送料サービスで事前に送付します。
特 色 どんな資料をどこから入手し、どう読み込むか?財政指標の意味は?
今後の財政運営のあり方は?
財政改善の手立ては?すべての疑問に答えます。
質問や演習の時間も確保して丁寧に指導します。

*申込み方法:下記の申込書をFaxまたはメールでお申し込み下さい。
申し込まれた方には受講案内(会場地図・宿泊案内・持ち物案内等)をお送りします。

チラシPDF(表・裏)

申込用紙(Wordファイル、表面のみ)

第25回議員の学校 「改正」に直面する憲法と地方自治 の課題―その基本から考える

チラシはこちらをクリック
チラシはこちらをクリック

◎日本憲法学の第一人者の杉原泰雄先生が講義

◎シンポジウムに村上元東海村村長等が出席し、 沖縄・原発等と自治の課題を話し合います

◎「地方創生」を環境経済学の視点から考えます

◎18歳選挙権が自治体と議会に求めているもの

 

◆記念講演
日本国憲法の立憲主義と平和主議・人権保障・民主主義
講師:杉原 泰雄(一橋大学名誉教授)

◆シンポジウム
憲法公布70年―地方自治の歩みと直面する課題
◇シンポジスト/川瀬 光義(京都府立大学教授)
村上 達也(元茨城県東海村村長)
神子島 健(成城大学非常勤講師)

◆実践報告-東日本大震災の現場から

◆講義1 地域社会の持続可能な発展をどう展望するか
~「自然資源経済論」から見た「地方創生」~
講師:寺西 俊一 (一橋大学名誉教授)

◆講義2 18歳選挙権が地方自治に問うもの
講師:池上 洋通 (いけがみ ひろみち)
(「議員の学校」学校長、自治体問題研究所理事)

日 時 2016年5月10日(火)午後1時~11日(水)午後4時05分

会 場 たましんRISURUホール JR中央線立川駅南口徒歩13分
TEL:042-526-1331 (東京-立川 快速電車で50分、中央特快で41分)

受講料 28,000円 再受講26,000円/町村議員25,000円/多摩住民自治研究所会員23,000円/新規多摩研入会の方22,000円*被災県(岩手県・宮城県・福島県)の方は10,000円

定 員 70名(ご宿泊はご自身でお手配ください)

主催NPO法人多摩住民自治研究所 〒191-0016 日野市神明3-10-5エスプリ日野103
TEL042-586-7651Fax042-514-8096 E-mail tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp http://www.tamaken.org

申し込み用紙はこちら