第44回議員の学校 デジタル社会における主権者の道をひらく学校教育

子どもたちの1人ひとりが 明るい希望を胸にえがく学校教育へ その実現に地方議会は何をしなければならないのか

 コロナ禍による被害が拡大し続けるなか、全国の自治体でのけんめいの努力が伝えられています。同時にいま、国政・自治体を問わず、医療・公衆衛生をはじめ、すべての政策分野の課題が浮き彫りにされましたが、学校教育はその真ン中にあります。何としても学校教育を守り、立て直さなければならない―いま、子育てを終えた人たちを含めて、だれもがそう思っています。  基本的理論から教育を考える、その二つを合わせて、今度の議員の学校を開催いたします。もちろん、議会は教育の内容について議論することはできません。しかし、教育現場で起きていることを知るのは1人の主権者としての義務でもあり、子どもの学ぶ権利や教員・学校の持つ主体的な権利の保障は、議員としての任務です。  今年は、憲法に基づく「児童憲章」が制定されてから70周年の年です。それは、一つの国家として、世界にさきがけた「子どもの権利」の宣言でした。共に学び合いましょう。 第44回 議員の学校 デジタル社会における主権者の道を開く学校教育

◆集中講義 1 GIGAスクール構想と、一人一台端末の導入政策をめぐる課題 ―子どもたちの学ぶ権利と保護者・教師への負担は―
◆集中講義 2 デジタル社会におけるシティズンシップ教育の取り組み ―デジタル時代の社会変革の担い手を育てる方法―
◆シリーズ講義〈2〉問題山積み!!学校教育、議会はどうする? ―憲法が掲げた「各自の自己実現のための教育」の道を開くために
◆実践報告 いま、地方議員として教育の課題にどうむきあえるか ~ドロップアウト教員の経験から考える~

■講師
荒井 文昭氏(東京都立大学教授)
坂本 旬氏(法政大学教授)
辻 よし子氏(あきる野市議会議員)
池上 洋通氏(「議員の学校」学校長、多摩住民自治研究所理事)

日時 2021年11月16日(火),17日(水)

会場 完全オンライン開催

■申込内容
全参加(集中講義1・2、実践報告、シリーズ講義〈2〉)

■都道府県・政令市議会議員:30,000円
■市議会議員:18,000円
■町村議員、被災地(岩手県・宮城県・福島県)議員:10,000
■多摩住民自治研究所会員(議員):15,000円
■多摩住民自治研究所会員(議員以外)、市民:3,000円

集中講義1に参加
■都道府県・政令市議会議員:10,000円
■上記以外:7,000

集中講義2に参加
■都道府県・政令市議会議員:10,000円
■上記以外:7,000

実践報告と提言に参加
■都道府県・政令市議会議員:10,000円
■上記以外:7,000

シリーズ講義〈2〉に参加
■都道府県・政令市議会議員:10,000円
■上記以外:7,000

  チラシダウンロード

申し込みフォーム

 

よんたま映画祭@多摩住民自治研究所 第2回 「沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー」

多摩住民自治研究所 創立50周年企画

よんたま映画祭 第2回

沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー

 

ムトゥシンカカランヌーとは元手のいらない商売をする者、つまり売春婦を意味する。復帰前夜の沖縄、アメリカ兵を相手に身体を売る女性たちの数少ない貴重な記録。沖縄やくざ、ブラックパンサー党の黒人兵、ストライキを行う沖縄の米軍基地労働者。強烈なドキュメンタリーの肌ざわり。娼婦アケミの歌声と基地の光景が重なる時、沖縄の矛盾が眼前に立ち上がってくる。

大和からやってくる政治運動家たちこそ、モトシンカカランヌーではなかったのか。

沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー
制作:NDU(日本ドキュメンタリストユニオン)/1971年/94分

【日程】
2021年9月19日(日)
10:00~10:15 オープニングトーク
10:15~11:50 映画上映(映画の欠落部分を字幕で埋めるので、上映時間がのびることがあります。)
11:50~13:00 休憩
13:00~14:30 チャット・Twitter・メッセンジャーを交えてみんなで座談会

【参加費】
各回1,500円(税込)※年間セット価格(全5回):6,000円(税込み)
※年間セットをお申込みの場合は、Aのメールフォームにてお申込みください。

【お申込み方法】

A メールフォーム 

B 下記チケットサイト

 

よんたま映画祭@多摩住民自治研究所 番外編 「オキナワノコワイハナシ」

多摩住民自治研究所 創立50周年企画

よんたま映画祭 番外編

「オキナワノコワイハナシ」短編3本
ヲナリ』『方言札』『チエコの霊

 

 

後世(あの世)と交信する沖縄。珠玉の3本を高山正樹の解説付きで。
沖縄には、いまだ後世(あの世)への入り口がいたるところにある。

1.『ヲナリ』(2014年)監督:後藤聡
砂浜で目が覚めたボロボロの男。彼は漁師で、船が難破して無人島に流れ着いたのだった。
途方にくれながら食べ物をさがすが、その目の前に軍服姿の亡霊が現れた。

2.『チエコの霊』(2014年)監督:江口カン
親友のチエコを交通事故で失ったアサミ。
しかし自宅に帰ると、かつては美しかったチエコが変わり果てた姿で現れる。
彼女の言葉に耳を傾けたとき、信じられない真実をしることとなる…。

3.『方言札』(2016年)監督:名嘉真崇介
エミが自宅の倉庫で見つけたのは、終戦直後に事故死したという祖母の妹・タカコの遺品で、その中に「方言札」があった。
タカコが亡くなった1960年。終戦から10年以上が経ち本土復帰の機運が高まる沖縄では、日本国民として恥ずかしくない人間を育てようと、方言札が学校教育に導入されていた。方言を使った者は罰として方言札を首から下げないといけないという悪法で、タカコはこの方言札によって不幸な死を遂げたのだった。
「方言札」そのものが忘れ去られようとしている今、再び霊となってこの世に現れたタカコの怨念とは…。

自由に感想やご意見を述べ合える映画祭を作って行きたいと思います。
ご参加の程、よろしくお願いいたします。

【日程】
 番外編 「オキナワノコワイハナシ」
2021年8月15日(日) 14:00~16:30

【参加費】
各回1,500円(税込)※年間セット価格(全5回):6,000円(税込み)
※年間セットをお申込みの場合は、Aのメールフォームにてお申込みください。

チラシはこちら

【お申込み方法】

A メールフォーム 

B 下記チケットサイト

よんたま映画祭@多摩住民自治研究所 特別企画 「高橋美香とパレスチナを考える」

多摩住民自治研究所 創立50周年企画

よんたま映画祭 特別企画

高橋美香とパレスチナを考える

多摩住民自治研究所は創立50周年を迎え、様々な企画を展開するなかで、これまでにない表現・交流手段として、”喜多見と狛江の小さな映画祭+α”のみなさまとタッグを組み、”映画祭”という学習会や紙面とは一味違う企画を開催いたします。

自由に感想やご意見を述べ合える映画祭を作って行きたいと思います。
ご参加の程、よろしくお願いいたします。

高橋さんは、長年にわたり、パレスチナと日本を往復し、パレスチナで暮らす人たちと共に生活をして、そこから見えたことを写真や文章を通して、日本の人たちに伝え続けている方です。

 

【日程】
 特別企画 「高橋美香とパレスチナを考える」
2021年7月4日(日) 16時~18時

【参加費】
1.1000円 (チケット代のみ)
2.2000円 (チケット代+1000円のカンパ)
3.3000円 (チケット代+2000円のカンパ)
※今回の特別企画は、高橋美香さんの支援を目的としているため、年間セットには含まれません。ご了承いただければ幸いです。

 

【特別企画お申込み方法】 上映会は終了しましたが、アーカイブ視聴もございます。下記フォームよりお申し込みください。

A メールフォーム