第2回都政を考える連続講座『法体系と権力構造から見る都政の現実』

揺れ動く都政 近づく都議選―
都政を知り、変革の課題を考える連続講座

第2回  法体系と権力構造から見る都政の現実

1 東京都の資料で見る「都政のしくみ」
(1)議会
(2)執行機関
(3)都と区市町村

2 例規集から見る東京都の権力組織
―驚くべきその組み立て
神奈川県、大阪府と比較してみると…

3 「都・区財調」という異様
―特別区からの「異議申し立て」をみる

4 「豊洲の闇」はなぜ生まれたか
―なれ合いと秘密主義の権力構造が

5 オリンピックもカネをかけすぎでは 

6 都政を都民の力で動かすために
―「成果」を受けるだけの都民で良いのか、
主権者として考えるときがきた!

◆日 時 3月11日(土)
午後1時30分~4時30分
◆会 場
日野市・生活保健センター
日野市日野本町1丁目6番地の2
(JR中央線日野駅から徒歩約10分。)
(京王線高幡不動駅から京王バス[日01][日02][日03]日野駅行き乗車約10分 「生活・保健センター」停留所下車すぐ)

◆参加費
一般市民1,000円
(学生500円)
町・村議2,000円
区・市議3,000円
※多摩研会員は、各500円割引
◆定 員 80名
◆申込み 電話・FAX・Eメールで多摩研事務局まで

 

申し込みはこちらの用紙にご記入の上、メールまたはFAXでお願いいたします

こちらのメールフォームからでもお申込みいただけます。

連続講座
第3回 都民の生活と三多摩格差
4月23日(日)午後1時30分~4時30分 都立多摩図書館セミナールーム

◎さらに「基本政策構造」「都区財調と三多摩格差」ほかのテーマで講座を予定

第一回都政を考える連続講座『東京都とは何か』

揺れ動く都政 近づく都議選―
都政を知り、変革の課題を考える連続講座

第1回  東京都とは何か
―近代史における東京都の歩みをたどり、都政の本質を学ぶ

1 明治憲法と東京都制

(1)府県は国家権力の出先機関だった―東京府の時代

(2)三多摩地域が神奈川県から移った本当の理由

(3)太平洋戦時下での「東京都制」の制定と崩壊

2 日本国憲法下の東京都政とその現実

(1)日本国憲法の地方自治と「東京都制の廃止」

(2)「シャウプ勧告」「神戸勧告」と市町村最優先・都道府県優先の原則

(3)しかし、機関委任事務(国のいいなり)体制は変わらなかった

(4)高度成長と公害都市・東京

(5)美濃部革新都政の登場と展開

(6)革新都政からの転換と変質

(7)「豊洲問題」が示したこと

講師 池上洋通
(自治体問題研究所理事
元NPO法人多摩住民自治研究所理事長)

◆日 時 2月25 日(土) 午後 1時 30 分~4時 30 分
◆会 場 都立多摩図書館 都立多摩図書館 セミナ ールーム1
   都立多摩図書館は西国分寺駅周辺に移転しました、ご注意ください。
◆参加費
一般市民 1,000 円(学生 500円)
町・村議 2,000 円
区・市議 3,000 円
※多摩研会員は、各 500円割引
◆定 員 80 名

主催 NPO法人・多摩住民自治研究所
〒191-0016 日野市神明3-10-5エスプリ日野103
TEL042-586-7651 Fax042-514-8096
E-Mail:tamajitiken1972@space.ocn.ne.jp /

申し込みはこちらの用紙にご記入の上、メールまたはFAXでお願いいたします

こちらのメールフォームからでもお申込みいただけます。

連続講座
第2回 法体系と権力構造から見る都政の現実
3月11日(土) 午後1時30分~4時30分 日野市・生活保健センター

◎さらに「基本政策構造」「都区財調と三多摩格差」ほかのテーマで講座を予定